「葉っぱビジネス」の起業者 横石知二さまよりまちづくりへのヒントを得る。

開催日:平成31年3月10日(日)  場  所:まなびタウンとうはく
オープニングは、浦安小学校 手話クラブと音楽クラブの児童による手話と歌で始まり、浦町の福祉向上にボランティアとして貢献された方、8名に琴浦町社協川上会長よりボランティア活動功労賞の贈呈をされました。
次に講演で、株式会社 いろどり 代表取締役社長 横石知二さまに、高齢化が進んでいる山村の過疎のまちを、一枚の葉っぱから高齢者がいきいきとし活気のあるまちに再生された取り組みを、当時のエピソードを交え、講演をいただきました。80代、90代の方が情報化社会には必須のコンピュータや携帯電話を使いこなし、葉っぱビジネスにより年収1000万円を売り上げている。
横石さまは産業福祉に強い気持ちで臨まれ、「何事も挑戦する気持ちが大切であり、誰でも自分の居場所や出番があること」「頼りにされること」「誰もが主役であり、繋がることは何かを見つけること」「やる気を育てること」「どうやったらできるかを考えること」などまちづくりへのキーワードを話されました。
参加者からは人と人、企業と企業がつながりみんなが安心して暮らせ、今後の福祉のあり方、地域のあり方のヒントをいただき一緒に考えていきたいなど感想がありました。社協としても地域に出かけ地域ののやる気を応援していきます。

 

 

 

コメントは受け付けていません。